ゴールドやブラックがステイタス感が高い

数年前から、クレジットカード業界の動向が変わってきたように感じられるのです。様々なキャラクターがプリントされているカードや、特定のポイントがもらえるカードを複数作っていくのはお決まりの戦略だったようですが、最近はよりステイタス感が高まるゴールドカードの人気が高まってきているようなのです。

知り合いや彼女などの前で、クレジットカードを提示して一括払いと指示するのは、自分のステータスが高まったかのような感覚を得られるのです。そんな事から、よりステイタス感が高いカードが望まれるようになってきました。

プロゴルファーや芸能人など、収入の高い人はゴールドカードを複数所有しているという事が一般常識として分かるようになってきました。そして、どのような仕事をしてるかよく分からない人が、ゴールドカードを提示すると、主要な仕事で収入がかなり高い人であると認識するようになります。

そのようなステイタス感を高めたいが為、ゴールドカードをどうにか入手したいと考える人が増えてきているのです。そして、芸能界の重鎮などの場合には、更にステイタス感が高いブラックカードを複数所有していたりすると言う情報があり、段々とクレジットカードの色に対する要望が増えてきているのです。

なので、クレジットカード会社も要望に応えるためのカードをいくつも製造するようになってきました。中には、二十歳前後の若い人であっても、ある程度の条件が認められればゴールドカードをよくすることが可能になるのです。

ヤング専用のゴールドカードと言うようになっていますが、実質内容としては一般のカードと全く変わらず、色だけがゴールドになっている状況となっています。

そして、それなりの年会費を払うのがゴールドカードなどの常識だったはずですが、年会費無料で加入できるカードがいくつもあります。なので、ゴールドやプラチナ、ブラックなどのカードの色はすでに意味の無い状況になってきていると考えられるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ