果たしてクレジットカード現金化は法律上何か問題はあるか

私の自宅の近所には、クレジットカード現金化の会社の看板が設置されています。自宅から歩いて5分くらいの場所にありますね。
ところでその現金化というサービスをネットで調べますと、たまに合法ではないと強調されています。いわゆる情報サイトなどでは、その現金化というサービスは法的に問題があるので、利用しない方が良いと明示されている事もあるのです。そのような話を聞きますと、その現金化のサービスを利用する事に不安を抱いてしまうかもしれませんね。
ではそれは合法なのかと申しますと、合法だと推理できます。なぜなら年数の問題があるからです。
前述の看板なのですが、その会社は事業を営んでから10年以上は経過しているようですね。つまり現金化のサービスを、もう10年以上を続けている事になります。であれば、現金化のサービスは合法であると推理できるのです。
そもそも法的に問題があるサービスならば、とっくに捕まっている筈ですね。10年も事業を営むのは著しく困難だと思います。公的期間は、各事業の合法性を随時チェックしているものだからです。現実には上記の会社は10年以上も営んでいる事になるのですから、やはり国としてはそのサービスは合法だと考えているのではないでしょうか。
では何故クレジットカード現金化のサービスは違法だと見なされるかと申しますと、恐らく一部の悪い業者が原因だと思います。残念ながら金融関連の会社の中には、あまり良くない所も見られるのですね。いわゆる怪しい業者によって、何らかのトラブルが発生しているので、いくつかの情報サイトはそのサービスは違法だと考えているのだと推理します。それが広まって、クレジットカード現金化は法律上問題があるとの意見が強くなっているのではないでしょうか。
逆に、もちろんしっかりした業者も見られます。上記のように10年くらい営んでいる業者などは、しっかりしている方だと思いますね。そうでなければ、10年を営むのは難しいと思われるからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ