今一よく分からないクレジットカードの現金化

言葉こそ何度となく聞いた事があるものの、何のことやらという物の中にクレジットカード現金化というのがある。これを文字どおりに解釈すると、カードを売ってお金にするという感じだろうか。古本を売ってお金に変えるみたいなイメージである。だが、これは間違いなのだそうだ。

普通にカードを使う時どうするかは皆さんもお分かりだろう。レジ等に設置されている機械に通すとそれでお金を支払えるというものだ。しかし、そんな事が可能なのだとしたら現金だって得られるのではないだろうか。つまり物を買う代わりに、お金を出してもらうという訳だ。

これに対して借金では無いのかという意見もあるそうだ。確かにお金が出てくるのだから、そう受け止められても仕方ない所ではある。ただ、それを言いだしたらカードで物が購入できる事自体が既に借金ではないのかという気がしないでもない。そちらを問題にしないのならば、現金化も同じ様にするべきだと思う。

ただ正直な所、クレジットカード現金化はよく分からないですね。ネットで調べてみたのですが法律的な事が絡んでいるみたいで、自分には難し過ぎるという感じです。ある程度読んで分かった様な気になっても、何かよく分からない部分があって、ウーンとなってしまうのです。

説明をよく見てみたら、物を購入すると書いてありました。で、それを業者に買い取ってもらう事によってお金にするという感じみたいです。だから直接お金を渡してはいないという事でしょうか。なんかパチンコの換金に似ている感じがしないでもありません。まず店内で玉と景品を交換してもらってから、それを別の場所にある換金所に持って行くという…パチンコの場合は別の場所に移動していますけど、こちらは同じ場所でそれを行っている感じの様です。

私のクレジットカード現金化に対する認識はこの程度ですね。もし間違っていたらゴメンナサイ。詳しくは自分で知らべて確認しておいてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ