危険なクレジットカード現金化

最近問題となっているクレジットカード現金化という手法。
これは、クレジットカードに付随しているショッピング枠を現金に換えるという方法で、まともにお金を借りることが出来なくなってしまった人の最終手段として知られています。
このクレジットカード現金化ですが、犯罪ギリギリの行為でありブラックに片足を突っ込んだグレーゾーンであるということは知っておかなくてはいけません。
クレジットカードの現金化には、大きく2つの方法があります。
それが「商品買い取り型」と「キャッシュバック型」の2種類です。
違法とは言えないグレーゾーンとなっているのが「商品買い取り型」の現金化です。
こちらはショッピング枠を利用して、業者が用意した商品を購入して、それをその業者に買取してもらうという方法で、これは古物売買の法律に則った正規の手続きであるため、完全に違法とは言い切れないというのが現状です。
後者の「キャッシュバック型」というのは、商品を購入した際に購入特典として、一部のお金を返金するということで、こちらは不正出資にあたるとして違法行為として認定されています。
既に逮捕者も出ていて完全に違法とされていますので、このタイプで現金化を行えば逮捕されることもあります。

クレジットカード会社によってはカードを作る際に、現金化のような用途で使用するのは禁止と明確に定めているところも多く、もし現金化に利用したことが発覚すれば、クレジットカードの使用も出来なくなってしまいます。
実際にこれで逮捕者も出ていますから、絶対に行うのはやめましょう。
しかし、それでもクレジットカード現金化を行う業者というのは後を絶たず、法的に問題があるとされた現在でも駅前などで堂々と宣伝を行っています。
こういった所は「商品買い取り型」で新幹線の回数券などを買い取っているということもあり、警察としても完全には取り締まれないからです。
利用すればトラブルになることは明白であり、どちらにしろ得をしないということは覚えておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ