クレジットカード現金化は是か非か別れる

クレジットカード現金化は合法か違法なのか賛否両論あるというのがインターネットを調べていてここ最近になって分かったことだ。どこかのブログの記事に、8割の換金率をもって2割は手数料を取られることに憤慨した筆者が反論しようとしたところ、ガタイのいい男たちふたりに威圧的にうちは遊びじゃなくてビジネスでやってるんだ。うちの換金率はこうだから、あんたにとやかく言われる筋合いないよといったことを言われたと書いてあった記憶があります。

クレジットカード現金化を問題だという話もあれば、いや問題ないよという記事もあり、どちらが正しいのかはっきりとわからない状況です。なので、検索エンジンの筆頭であるGoogleにはしっかりとそういった内容を吟味というか白黒分かるようにしてもらいたいところです。クレジットカード現金化とは少し違いますが、検索エンジンの完成度はまだまですね。この前もムーバブルタイプではなくMetaTraderのことを調べたかったのに、検索したらムーバブルタイプの内容の記事が含まれていましたからね。

クレジットカード現金化に関してはまだ同じジャンルの話題が出るだけマシだと思われますが、まだまだはっきりと閲覧者が求めている答えを返しきれていないなと思う今日このごろでした。それで肝心のクレジットカード現金化がいいのわるいのかはよく分かりませんね。問題があるならすでにそういったサービスを行っている店舗はとっくに無くなっているはずなのですが、無くならないということは問題がないのかもしれません。

いずれにしてもキャッシング機能がクレジットカードには備わっているので、キャッシング枠に余裕があるならセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアのATMがある機械を使ってお金を借りてみたほうがいいのではないかと思いました。もちろん、限度額いっぱいだから借りられないよという場合は、そのとき初めて利用するのを検討するとスムーズに事が進むのでいいでしょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ