クレジットカード現金化はとくなの?それとも損?

クレジットカード現金化って聞いた事がありすか?
そしてどんな事を指しているか分かるでしょうか。
これは、クレジットカードで現金を用意する事なんです。
クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りるっていう事ではありませんよ。
クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法の事になります。

これはこうしたサービスを行っている業者から指定された商品をショッピング枠で購入してそれをそのままその業者に買い取って貰うことで現金を手に入れる仕組みになっているんです。

あれ、クレジットカードで購入した代金はどうなるの?と思いますよね。
もちろんそれは自分で後日カード会社に支払わなければいけません。
しかも、業者は物品を購入額より安い値でしか買い取ってくれないんです。
という事は、現金はすぐに手にする事が出来るけれど、必ず損をするという事に他なりません。

しかもキャッシングやカードローンとは違ってこのサービスは所謂グレーゾーンのもの。
業者の言い分としては、ショッピング枠を利用するから金利も低くて安心、取り立てもないから大丈夫という事らしいです。

だけど、現金も購入額より少ない還元率分しか貰えず、加えて分割払いをした時には手数料も差し引かれる事を考えるとキャッシングやクレジットカードと比べてもメリットは多くない気がします。
もし、多額の現金が必要な場合はそれだけ高価な品物をクレジットカードで買わなければいけません。
リボ払いの場合は、ショッピング枠でもかなり金利が高くなってしまいます。
だったらキャッシングの無利息キャンペーンを利用してお金を借りた方が良いのではないでしょうか?

ただこのクレジットカード現金化は、キャッシングやカードローンのように審査が必要ありません。
もうキャッシングの審査に通らない人だって利用出来るんですね。
だからいくらクレジットカード現金化がグレーゾーンサービスであっても利用する人が後を絶たないのです。

でも特別今まで問題無くキャッシングやカードローンを利用してきたという人が、意味なくクレジットカード現金化を利用してメリットを感じられるものではありませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ