クレジットカード現金化はトラブルの種になる

クレジットカードを持っている方の中には、「このクレジットカードの枠を現金化出来れば」なんて考えている方もいるかもしれません。
クレジットカードは、利用可能な店であればカードを提示するだけで定められた金額内であれば、料金を後払いにして一括引き落としに出来るシステムで、現金が手元になくても商品が手に入れられる画期的なシステムです。
現代社会では、大人になったらクレジットカードを1枚は持っておかないとまともな社会人として信用されませんし、クレジットカードの利用履歴なんかも社会的な信用に結びつくので、意外と重要なものです。
しかし、クレジットカードで後払いに出来るとはいえ、やはり現金の魅力には劣りますし、現金の方が使い勝手が良いということもあり、クレジットカード現金化を考える人も少なくはないのです。
ちょっと大きな駅の駅前などで、「クレジットカードを現金化します」なんて看板を見かけ、少し興味があって現金化を考えている方がいましたら、絶対にやめておきましょう。
クレジットカード現金化は、やり方によってはれっきとした違法行為であり、逮捕者も出ています。
クレジットカード現金化には「キャッシュバック」と「商品買い取り」の2つの種類があり、前者は完全に犯罪であり、後者は犯罪とは言い切れないまでもかなりグレーな行為です。
最近ではキャッシュバックタイプの現金化は見かけなくなりましたが、それでも商品買い取りタイプの現金化は街中にうようよと存在しています。
これは法律を巧みにすり抜けているものですが、クレジットカード会社が貴方のカード利用に不審を抱き利用履歴を調べたとしたら、まず間違い無くクレジットカードを止められてしまうことでしょう。
ほんの数十万円のために、非常に便利なクレジットカードを失うというのは愚の骨頂と言えます。
また、こういったものは闇金が手掛けていることが多く、トラブルに巻き込まれることも少なくありません。
危険行為とも言えるものなので、絶対に手を出してはいけないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ