クレジットカード現金化の本当のメリットデメリット

クレジットカード現金化という言葉を聞いたりどこかで見た事がある人も多いのではないでしょうか。
現金化という言葉はなんとも甘い響きですし、クレジットカードなら大多数の大人なら1枚は所有しています。

だからつい、お金に困っている人なら自分でも出来るのかな?とクレジットカード現金化に興味が湧いてきてしまうでしょう。

でもいまいちその仕組みが分かりません。
一体どうやったら、クレジットカードを現金にする事が出来るのでしょうか。

調べてみると、そのからくりは何とも単純なものでした。
クレジットカードのショッピング枠を使用して、業者の指定した品物を購入すると、その購入額の何割かでその品物を業者が現金で買い取ってくれるというものなんです。

ここで少し考えれば分かるのですが、このクレジットカード現金化とは業者にとっては利益がでるが利用者にとっては結局はマイナスになる仕組みになっています。

確かに手元に現金がなくても、このショッピング枠を利用した方法で現金化を行えば現金を入手することは可能です。
しかし買取利率は、多くの業者で8割から良くても9割程度となっています。
つまり約2割分はマイナスとなってしまうのです。

こう考えると、誰もこんな方法を利用しないんじゃないか、と思いますよね?
でもどうしても現金が必要で、キャッシング枠が限界という人にとっては、例え損をしたとしても目先の現金が大切というケースもあるのです。
そういった人達がついつい、クレジットカードを現金化してしまうのです。

ところでクレジットカード現金化とは、違法には問われないのでしょうか。
これはいわゆるグレーゾーンというもので、法律の目をかいくぐって営業されています。
ただし、中には業者側が逮捕された事例もあるのです。

またクレジット会社ではこの方法を禁止しており、利用がバレるとカードの使用停止や権利を剥奪されてしまいます。

このようにクレジットカード現金化は、ほんの少しのメリットと多大なデメリットがある方法なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ