クレジットカード現金化の方法と違法性について

クレジットカード現金化と言う言葉をお聞きになった事はあるでしょうか?基本的にクレジットカードを利用する場合、多くの人は、クレジットカードを使って商品を購入したり、食事をしたりといった事が多いと思います。中には、ポイントが貯まる事を考え、公共料金などの引き落としにも利用している人が多いと思います。
それは、クレジットカードの正しい使い方ともなっており、クレジットカード会社においても、利用者においても、便利な使い方だと言う事になると思います。
しかし、すべての商品にクレジットカードを利用する事は出来ないかと思います。最近では、本当に多くのお店などでクレジットカードを利用する事が可能になっていますが、やはり、現金が必要だと思う人もいるかと思います。
そんな人が使う事が多いのが、クレジットカード現金化です。初めに行っておきますが、クレジットカード利用規約により、クレジットカード現金化は規約違反となっており、決して行ってはいけない行為になっています。また、その行為が見つかった場合、クレジットカードを利用する事さえ難しい状況にもなりかねない事を頭に入れ、これからの内容を読んで頂きたいと思います。
まず、クレジットカード現金化する為には、専門のサイトを利用します。そこで架空の商品を購入し、その後、その専門サイトから現金を受け取る仕組みになっています。
専門サイトは、架空の商品購入をクレジットカード会社に請求し、そこから返済を行います。その為、利用した人は、クレジットカード返済日に借りたお金をクレジットカードに返済する流れになっています。
一見、良いことのように思えますが、実際、専門サイトを利用しお金を手に入れる際は、手数料として、数%引かれた金額しか手にする事は出来ません。
その額は消費金融の金利より高いとも言われています。そのような事から考えても、クレジットカード現金化を利用する事は、損の方が多いと言う事がいえるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ