クレジットカードの現金化は違法か

クレジットカードの現金化とはクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠とわかれている内のショッピング枠を使って現金を渡す方法です。具体的にはクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、その商品を買い取るか、商品分のいくらかの割合でキャッシュバックをすることで、クレジットカードの保有者に現金が渡るのです。
インターネットのサイトなどでクレジットカードの現金化の検索をしますと、クレジットカードの現金化は違法であるというサイトがあり、また一方ではクレジットカードの現金化は違法ではないというサイトもあります。
実際問題として、クレジットカードの現金化業者はたくさんあり、闇金のような営業をしているわけではなく、堂々と営業していることもあります。何度かクレジットカードの現金化業者が検挙されたことはありますが、それは悪質な詐欺行為を働いたということでクレジットカードの現金化業者がすべて違法であるというわけでもありません。たとえば、クレジットカードで購入した商品をリサイクルショップを持ちこんで、買取をしてもらうということが違法になるということはあり得ません。
ただし、クレジットカード会社の規約ではクレジットカードの現金化のような行為は規約違反であり、クレジットカードが使えなくなったり、それ以降は新規でクレジットカードをつくれなくなってしまいます。そして、クレジットカードの現金化は冷静に考えてみれば、キャッシングやカードローンなどの金利と比べるととても高くなっていることが多いので、クレジットカードの現金化は損であるとも言えます。
言わば、クレジットカードの現金化はグレーゾーンにあるというのは現状でしょう。ただし、現状ではグレーゾーンではありますが、どちらかというとクレジットカードの現金化は状況から見て、違法であると言う方向に進むことが考えられますから、いつまでグレーゾーンであるのかははっきりしません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ