クレジットカードの現金化はどうなっていくのか

いまのところ、クレジットカードの現金化は違法とは言えないというグレーゾーンにあるようです。グレーゾーンと言えば、消費者金融などで問題になった、グレーゾーン金利を思い出しますが、グレーゾーン金利も違法とまでは言えないというようなスタンスであったものが、最高裁判所の判決以降はグレーゾーン金利は違法であることが確定したのです。
その意味において、クレジットカードの現金化のグレーゾーンも法的な整備や最高裁判所の判決などを通して、一気に違法である方向に行かないとも限りませんが、どうなるのでしょうか。
クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用したキャッシングのようなものですが、交換率が高いとうたっている業者であっても、年率に換算すればかなり高利であることに疑いはありません。クレジットカードの現金化はそれを利用する人にとってもあまりよくないことであるとわかっている人が多いと思いますが、お金が必要であるという背に腹は代えられないという思いで使ってしまうのでしょう。普通にキャッシングや借り入れができるような人がわざわざ高利であるとわかっているクレジットカードの現金化は使わないでしょうから。
クレジットカードの現金化をして、一時的に現金を手に入れることになっても、そのショッピング枠の利用代金を払うのはクレジットカードの現金化をした本人で、手に入れたお金以上の請求が来ることには間違いありません。そうすれば、簡単には返済できなくなっている人が多いでしょうから、返済遅延を起こしていまうか、債務整理や自己破産に追い込まれてしまうことは容易に想像がつきます。こうなってしまえば、金融ブラックになってしまうことは避けられません。
少なくとも、クレジットカードの現金化は違法ではないかもしれませんが、クレジットカードの会社の利用規約に違反しているのは確実ですから、クレジットカードの使用禁止や一括返済を求められることになりかねません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ