クレジットカードの現金化を自分でやるには

始めに断わっておきますが、クレジットカードの現金化はやらないほうがいいことは確実です。例えば、現状ではクレジットカードの現金化の業者を通じてすれば、違法ではないものの法的な整備があればすぐにでも違法となる可能性があります。現状ではクレジットカードの現金化は違法性においてはグレーゾーンであるということです。
それにクレジットカードの現金化を行えば、クレジットカード会社との間で交わしている規約に違反することは間違いありませんから、クレジットカードの現金化がクレジットカード会社に知られれば、クレジットカードの使用停止になりますし、それ以降の新規のクレジットカードを作ることはできなくなるでしょう。
しかし、どうしてもクレジットカードの現金化が必要であることになれば、少なくともクレジットカードの現金化の業者を使わないで行うことです。クレジットカードの現金化業者を使えば、金銭トラブルや詐欺などのトラブルになる可能性がありますし、かなり高額になる手数料を払わなければなりません。
クレジットカードの現金化はショッピング枠を使って購入した商品を売却することによりますから、自分でもできます。
自分でする際に考えなければならないのは購入する商品をどうするかでしょう。クレジットカードの現金化には商品が換金性が高いほうが有利でありますからそのような商品を購入する必要があります。
候補として考えられるのは、高級ブランド品や金券などが考えられます。高級ブランド品や金券などは買取価格が高く、買い取ってくれる業者も多いので、現金を手に入れやすいといえます。
そして、買い取ってもらう商品が決まれば、買取業者を選ぶことです。同じ商品であっても買取業者によって買取価格に違いがありますから、なるべく高い買取価格を提示する業者を選ぶべきです。買取価格はインターネットを利用すればある程度は調べることができますから、利用すればよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ