クレジットカードと総量規制について

総量規制とは2010年に施行された貸金業法の改正によって、貸金業法によって規制される貸金業者は年収の三分の一以上の融資を行うことができなくなることです。消費者金融などからキャッシングをする場合には年収に対しての金額に制限が設けられたということとなります。
一見、クレジットカードとは何の関係もないように思われますが、実はかなりおおきな影響があるのです。クレジットカードは通常の商品やサービスの購入に利用するショッピング枠とキャッシングに利用できるキャッシング枠と言う二つの枠と、二つの利用限度額があります。このうちのキャッシング枠が実は総量規制の対象となってしまうのです。ですので、キャッシング会社などからのキャッシングで借入残高がある人などはキャッシング枠を限度額まで利用できないことがありますし、逆にクレジットカードのキャッシング枠でキャッシングをしている場合などには他のキャッシング会社でのキャッシングの新規の申し込みをしても総量規制にかかってしまって融資をしてもらえなかったり、希望の融資金額を融資してもらえなくなったりします。
それに、少しややこしいことですがクレジットカードのショッピング枠の利用は総量規制とは一切関係がないので、キャッシング枠が総量規制で利用できないとしてもショッピング枠で商品やサービスの購入などは問題なくできます。これはクレジットカードのキャッシング枠は発行しているカード会社が貸金業法に基づいて貸金業者として金銭の貸し付けを行うので、キャッシング枠にキャッシングは貸金業法が適用されますし、ショッピング枠での商品やサービスの購入においては貸金業法が適用されないからです。ショッピング枠とキャッシング枠では適用される法律に違いがあるということです。なのでキャッシング枠の利用に関しては以前では必要でなかったような収入証明の提出を求められたり、限度額を低くされてしまったり、貸金業法に沿った方向に変更されてしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ