クレジットカードを使う際に注意すべきこととは

最近はお店などのショッピングでの使用だけではなく、楽天などのネットショッピングでの利用から公共料金の支払い、さらにはお金が無い時に借りたりするなど、とにかくクレジットカードの利用範囲が広くなっています。ですがクレジットカードを利用するにはそれ相応の知識と気をつけておかなくてはいけないことがあります。
例えば、カードをたくさん作りすぎて暗証番号などが分からなくなるので、その番号を使いまわすといった人や、忘れるといけないので自分の誕生日に関係した番号に設定するといった人がいます。
前者では、個人情報が流出してある暗証番号も同時に流出した時に、それを手に入れた人が別のカードにその暗証番号を試してみたところ使えたなどという事件が実際にあります。某有名ショッピングサイトでのポイントがこれによって不正に使われたり、ネット銀行などでも被害が出ています。
後者の場合では、高齢者などがこれに該当することが多いのです。財布などを落とした時に生年月日などが記入されている保険証なども同時に落とし、そこから暗証番号が割り出されてお金が引き落とされるというケースがあります。
一応生年月日は止めるようにとよく言われていますし、簡単な暗証番号の場合なども変更するようにと注意を促されています。暗証番号の使いまわしなども、なんども注意を促されているのを見たことはあります。ですが、自分だけは大丈夫だという妙な過信があり、そのままにしている人が多いので、こういった事件はまるで減る気配がありません。
それ以外にも、スキマーと呼ばれる特定の機器などを使ってクレジットカードの情報を引き出す、スキミングという手段などもあります。これは実際のお店などでクレジットカードを使う時にやられる場合が多いので、店員に渡したカードが常に自分から見える状態にあるのかを確かめて、スキミングされないように注意しておく必要があります。
このようにさまざまな危険はありますが、カードを持たないという選択肢が取れないほどカードは便利なので、こちらがいかに注意するのかが重要になってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ