クレジットカード現金化は法律に違反するか

クレジットカード現金化というのは法律に違反するようになるのでしょうか?クレジットカード現金化についてインターネットなどで調べてみると、法律に違反する可能性があるため止めましょうというような紹介がありますが、実際にはどうなのでしょうか?ここでは、クレジットカード現金化について、簡単に具体例についてご紹介しましょう。

例えば、クレジットカード現金化の業者に委託しないで、クレジットカードを個人的に使って、そのクレジットカード業者が扱っているギフトカードを買って、質屋などでこのギフトカードを売って現金を入手したような場合は、現金にクレジットをしているようになります。しかしながら、このような場合は法律に違反する可能性は少ないとされています。 では、このような方法で、クレジットカードの現金化をするような人はどの程度いるのでしょうか?実際にデータとしてはありませんが、このような人は非常に少ないでしょう。というのは、面倒であるためでしょう。 あるいは、地方に住んでいるためできないというような場合もあるでしょう。

このような場合に、面倒なことを代わりに行ってクレジットカードを現金化する業者がいるのです。
特に、クレジットカード現金化の業者の中には、あまり手数料がかからない高還元率のところもあります。クレジットカードの現金化をおすすめしたいのは、クレジットカードのキャッシング枠を利用することができて現金が必要な場合、現金が必要な場合にクレジットカードのキャッシング枠を利用することができる額がない場合、融資の申し込みをしている暇がない場合、融資をお店で受けるのが得意でない場合、消費者金融を利用する場合には抵抗がある場合、いくつもの金融業者からの借金を一本にしたいと考えている場合、融資の申し込みをしたが断られてしまった場合、というような場合です。全国どこからでも利用することができるため非常にメリットがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ