クレジットカード現金化は違法かどうか

クレジットカード現金化は違法なのか。
もしも利用しようと思っている人がいるならば、最も気になるのが違法性でしょう。もし違法性があるならば、クレジットカード現金化をしている業者は違法業者ということになり、金融で言うところの闇金のような存在であると考えられるからです。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つの機能がついています。キャッシング枠の利用の設定があり、利用限度額があれば、問題なくキャッシングを利用できますが、キャッシング枠の設定がもともとなかったり、設定があったとしてもすでに利用限度額に到達しておればキャッシング枠の利用はできません。そのために、考えだされたのがクレジットカード現金化ということで、これは簡単に言えば、クレジットカードのショッピング枠を使ったキャッシングです。たいていはショッピング枠で購入した商品を業者が買い取るなどして、購入額の何%かを現金として受け取るという形です。
クレジットカード現金化の違法性については意見が分かれていますが、結構業者は大っぴらに営業活動をしていますし、クレジットカード現金化ということで摘発されたことはないようです。グレーゾーンであるという位置づけになるのかもしれません。
しかし、グレーゾーンとは言っても、クレジットカード会社の規約に違反することは確実なので、クレジットカードの利用停止や即時の支払いをしなければなりませんし、下手をするとブラックリスト入りになってしまって、金融的に厳しい状態になってしまい可能性がかなりあります。それに還元される現金のパーセントを考えると考えられないくらいに高利に換算することができますので、利用者にとっては有利ということはありません。
それに行政的にはだんだん違法の方向に動く可能性が高いと考えられることもありますので、損をして違法になるかもしれないようなグレーゾーンのものをわざわざ利用することはないでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ