クレジットカード現金化って一体どういうこと

最近耳にするクレジットカード現金化ですが、一体どのようなことをすることなのかわからなかったので、調べてみました。皆様ご存知のように、クレジットカードは毎月限度額というものが決められています。カードにより限度額が様々ですが、今回はわかりやすいように月の限度額が50万円ということで話を進めましょう。限度額50万円のカードであれば、月に50万円分のショッピングが出来るというわけですが、クレジットカード現金化というのは、このショッピング限度額である50万円を現金に換えるというシステムのようです。ではいったいどのようにして現金に換えるかというと、方法は様々あるようです。

例えば、金券を購入してそれを売ったり、金券ではなく高値で売れそうなバッグや宝石を購入して転売するというのもクレジットカード現金化というものにあてはまるようです。これらは個人で行う方法と業者を通して行う方法の二種類あります。個人で行う場合は換金率が高いというメリットがありますが、場合によってはクレジットカード会社に睨まれてカードの利用停止という危機に陥ることもありますので注意が必要です。

では、どんな場合に睨まれるかというと、転売目的で購入しているのではないかと思われるような商品の購入を度々行うことです。例えば、金券であったり新幹線の回数券などは換金率が良い商品の筆頭として挙げられるものですが、それらの商品を度々購入している履歴があると、利用停止になる確率が高くなりますので、気を付けた方が良いでしょう。業者を通す場合は、残念ながら換金率が低いというデメリットがあります。しかし、カード会社に睨まれるということは比較的少ない傾向にあるようです。

誰もがいつ何時陥るかもしれないお金がないという状況ですが、そんな時には何かしらの方法でお金を手に入れる必要があります。そんな時にお金を借りるための方法として、クレジットカード現金化というものも覚えておくと良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ