クレジットカード現金化の法的規制!注意したい点3つ!!

クレジットカード現金化の法的規制!注意したい点3つ!!

1.クレジットカードを利用して稼ぐ

クレジットカード現金化は現状では限りなくクロに近いグレーな扱いと言っていいのかもしれません。
取り締まる専門的な法律がないので、違法ということで摘発された場合では他の法律が援用されたような状態でした。

具体的には業者が出資法と貸金業法での違反として摘発されただけなのでクレジットカード現金化が全く違法と決まったわけではないといってもいいでしょう。

2.注意点

一部では違法であることが決まったような書き方をしている場合も見受けられますが。では、問題はこれからでクレジットカード現金化の法的規制は進むのかという問題になります。
どのような名称になるかはわかりませんが、はっきりとクレジットカード現金化は違法であるという法律の文言がなければ、法的規制は劇的に進むことなかなかないことなりそうです。

たとえば、ある人が予約したチケットが何らかの理由で使用することができなくなったときに、その分のマイナスを少しでも取りかえそうとしてそのチケットを金券ショップに持ち込むことがあっても不思議でもなんでもありません。今までにそのようにした人もたくさんいるでしょう。もちろん現状では違法でもなんでもありません。

3.現在は不安定

しかし、これが一枚や数枚程度ならともかくとしてかなり大量の枚数になればどうなるのでしょう。ほとんどクレジットカード現金化のシステムと同じになってしまいます。
一枚や数枚でも同じシステムであると言えなくもありません。このような場合の法的な線引きが非常に難しくなると考えられます。

しかし、業者が他の法律の援用のもとに摘発を受けたということでもわかるように法的な規制が必要と考えている公的な機関や団体も多いことも確かです。
なので、何からの新しい概念を持ち出して法律を成立されることも考えられないではありません。

まとめ

ただ、法的規制がしっかりと成立してもその法律の穴を狙って行くのがこのような業界の恒の姿ではありますから、また別のパターンのやり方が出てくるのかもしれません。
この方法はいつまでも出来るかどうかは保証できません。法律で規制されれば当然できなくなります。今はこの方法でお金を稼ぎ、ゆくゆくは別の方法で収入を得る事をお勧めします。

最近はネットを使った副業も種類が豊富になっています。ランキングサイトや口コミサイトもありますので、そちらを参考にして頂ければいいでしょう。
収入を増やす方法はたくさんあります。しかし副業は本業に害することなく、無理のない仕事ができるので自分に適したものを見つけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ