クレジットカード現金化の広告に女性が多いのは何故か

いくらクレジットカード現金化が便利だとは言っても、大勢の人にその存在を知ってもらわなければ仕方がありません。そのために企業がやる事と言えば、コマーシャルなのです。実際にどのような業務を行っているのかという以前に、ここで作られるイメージが利用者の意識を大きく変えるのです。

この業界で行われている宣伝に共通している事があるのですが、お分かりでしょうか。それは女性が前面に立っているということなのです。消費者金融などもそうですけど、お金が関係する仕事というのはどうしても負のイメージになりがちなのです。それを払拭するために有効なのが女性の華やかさというのは誰でも思いつくのではないでしょうか。

クレジットカード現金化のお店に行っても、彼女達が対応をしてくれるという訳ではありませんが、何となくいい感じがしたという男性もいるはずです。それこそが企業側の狙いであり、それにつられてお店に行くのは自然な事と言えなくもないでしょう。男性にとって女性の存在が大きいのは当然なのです。

ただ、現実というのは厳しいもので、爽やかな笑顔とは裏腹に実際にやっている事はそれほど華やかな訳ではありません。どっちみちカード会社に利用した分のお金を支払わないといけないのです。一瞬の喜びの後には、このような厳しい現実が待ち受けている訳で、そういう意味で笑顔のお姉さんという存在は喜べる存在ではありません。

女性が利用客の応対する事はあるにせよ、広告に出てくる様な美人は残念ながらめったにいません。その辺りでクレジットカード現金化の利用を思い止まればいいのですが、そこに行く位の人は相当に追い込まれているでしょうから、それも難しいかもしれませんね。そこにきて美しい女性がこちらへ来て下さいと言わんばかりの表情でこちらを見ている訳ですから、男性は誘われる様について行ってしまうのです。こんな時に同性ならそこまで引っ張られはしないでしょうけどね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ