クレジットカード現金化の門は狭くなっている

クレジットカード現金化はグレーゾーンであり完全に違法となるには法的な整備が必要と考えられますが、なかなか完全に違法になることは少し考えにくいと思われます。例えば、金券ショップやリサイクルショップに消費者が換金性の高い商品や金券類を売るということとクレジットカード現金化の方法が似通っており、厳密に区別することが非常に難しいということがあります。法的に規制するには手間が大変になってしまう可能性があるということになります。

しかし、弁護士団体や消費者庁や警察などが違法に近いということを広く訴えていることなどを勘案すればだんだん門は狭くなっていると言っていいかもしれません。

クレジットカード現金化は違法とならなくても、クレジットカード会社の規約違反は間違いありませんので、クレジットカード会社にそのことがばれれば、クレジットカードの利用停止や利用額に一括返済を迫られる、以後のクレジットカードの審査が通らなくなるなどのペナルティに近いことを課せられる可能性が高くなります。しかし、これはあくまでクレジットカード会社にばれればという条件が付き、当たり前のことで巣がクレジットカード会社にばれなればペナルティに近いこれらの処置は課せられません。

しかし、クレジットカード現金化はクレジットカード会社にとっては会社の存続にかかわるような大きな問題でありますので、以前ではばれないような方法をとってもその方法がクレジットカード会社にわかるようになってきてだんだんとばれるようになってきています。この面おいても門は確実に狭くなってきているといえるでしょう。特に換金性の高い金券類やブランド商品などはバーコードの管理を徹底するなどして以前よりもクレジットカード会社にばれてしまう可能性は格段に上がっていますので、もう無理かもしれません。どんどん新しい方法が出ているようですが、それも長く通用するわけはないということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ