クレジットカード現金化の特徴と方法

クレジットカード現金化は決して利益を生み出す方法ではありません。
悪魔でも現金を手元に置くための手段として用いるものです。

クレジットカード現金化には、ショッピング枠のあるクレジットカードが必要になり、その方法には商品買い取り方式とキャッシュバック方式の2つがあります。

商品買い取り方式というのは、クレジットカードのショッピング枠でクレジットカード現金化業者から指定された商品を購入しその購入した商品を現金で業者に買い取って貰うというものです。
そしてキャッシュバック方式とは、業者が取り扱っている商品をクレジットカードのショッピング枠で購入する事で、業者に入る立替金の一部を購入者に現金でキャッシュバックするというシステムになります。

買い取り方式でもキャッシュバック方式でも、商品購入代金の全額が現金化される訳ではありません。
一部は業者の利益として徴収それてしまいます。
ですから絶対に利用者に利益がプラスされる事はありません。

それでもクレジットカード現金化は、多くの人に利用され需要のあるサービスとなっているのはどうしてでしょうか。
それはこれ以上キャッシングが出来ないという人でも現金を手に入れる事が出来るからです。
また消費者金融からお金を借りるよりも、クレジットカードのショッピング枠利用で発生する金利はとても低くなっているからなのです。
キャッシングを利用するのには抵抗があるという人にとっても、現金化はメリットがあるのですね。

こうした事から現金が必要な人にとっては、キャッシングよりもメリットが高いと考える人も出てくるのです。

ただ安心なのは、キャッシュバック方式よりも商品買い取り方式の方となります。
これならキャッシュバック方式と違い商品と現金の交換になり確実にお金を手に入れる事が出来るからです。

そんなクレジットカード現金化によりトラブルが起きた事例もあるので、そうした事にならないうに口コミなどを参考に信頼の出来る業者を選ぶことも大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ