日本人もクレジットカードをもっと上手に利用する時代へ

皆さんは買い物をするとき、うっかり財布を忘れてしまったことはないでしょうか。
いざ商品を買い物かごに入れてレジに向かっているとき、ハッと気づいてしまったことがある人も多いと思います。
買い物をすれば当然支払いが必要ですので、財布はもちろんなくてはならないものということになります。
では支払いのとき、皆さんは財布から何を取り出すでしょうか。
多くの方は、おそらく現金と答えると思います。
しかし最近では、もっと便利なものが財布に入っている方も多いのではないでしょうか。
もうおわかりかと思いますが、その便利なものとは、クレジットカードのことです。
現金で支払いをしようとして、財布からなかなか小銭が取り出せなかったり、思わず小銭を床に落としてしまったりなどということは、意外と皆さん経験されているのではないでしょうか。
その点、クレジットカードを使った支払いであれば、お釣りの受け渡しなども必要なく、とてもスマートに買い物をすることが出来ます。
あえて難点を挙げるとすれば、使用出来ないお店もあるという点ですが、ひと昔前に比べると、使えるお店がグッと増えているというのが現状です。
そもそも日本人は、外国人に比べてクレジットカードの使い方があまり上手ではない一面を持っています。
これほどの先進国であるのに、未だに支払い方法の主流が現金だという国は、実はとても珍しいのです。
たとえば日本を訪れた外国人観光客が一番困るのは、支払いが現金限定の店が、海外に比べれば多すぎることだといわれています。
もちろん先ほど述べたように、その状況は加速度的に改善されてはいます。
しかし、他の先進国と比べてしまうと、まだまだと言わざるを得ません。
たとえばインターネットを使って買い物をするような場合でも、クレジットカードを持っていると大変便利です。
今では日本の方もインターネットで買い物をすることが増えていますし、そういう意味でも、これからさらにクレジットカードの普及は進んでいくでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ