飲み会の幹事で合法的にクレジットカード現金化

クレジットカード現金化の手法はネットや怪しい雑誌などで度々見かけますが、そのどれもが非常に効率の悪いものです。念のため一般的な方法を見てみましょう。
一般的にクレジットカード現金化を行うにはゲーム機や貴金属など中古品として買取を依頼出来る商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入します。こうした商品を現金化するに当たり中古品ショップや個人間の取り引きで売却するのですが、当然新品の価格よりもかなりディスカウントされるのが通常です。ジャンルにもよりますが中古品では7割から6割ほどになるのも珍しくなく、クレジットカード現金化は割に合わないものになります。
しかし、キャッシング枠の設置されていないクレジットカードですぐに現金を手にできるというのは非常に便利な事ではあるので、多くの方が損を覚悟の上でクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化を行っています。
しかし実はこの方法にはクレジットカードのショッピング枠を10割現金化する方法があるのをご存知でしょうか。シチュエーションが限られるのでいつでもという訳には行きませんが、それは飲み会などの幹事の時は大きなチャンスになります。飲み会などで会社など大勢の規模になれば数十人といった人数になることも珍しくはありません。しかし、こうした大規模な飲み会では個人がそれぞれレジに並ぶということはなく、基本的には幹事がまとめて回収します。
ここで、会計時にクレジットカードを使用すると回収した現金は手元に10割残るという計算になるのです。先ほどの6割という数字からは考えられないほど効率的な数字ですが、シチュエーションが限られるためそう都合よく利用できるテクニックではありません。しかし、会社で頻繁に飲み会が行われるのならば、積極的に感じに立候補すれば貴方の株も上がりますし、クレジットカードを現金にすることも可能なので、デメリットの少ない非常に優秀なテクニックになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ