世界的にキャッシュレス化が進んでいる。

海外旅行をしたことのある人ならば、分かると思いますが海外では意外と現金は使わないことが多いです。例えば、アメリカなんかはカード大国と言われており、カードで買い物をするのが当たり前です。また、ヨーロッパ諸国でもその傾向があります。そして、これらの国ではクレジットカードをメインに、買い物などを行うことが多いです。

そのため、小額の買い物の際でもカードを使う事が多く、パン1個でもカードを利用する人も居ます。一方に日本では、未だに現金を使っての決済が多いのが現状です。その理由は、やはり治安が良いことも挙げられます。アメリカや欧米諸国では、地域によっては現金を持ち歩くのは、治安上良くないことです。

そんなわけで、買い物の仕方一つにしても、国や地域の特性が出るものです。しかし、日本においても近年は現金を使わない、決済方法が増えています。例えば、鉄道やバスを利用するときは、suicaを使う事が多いですよね。それから、その他電子マネーの普及も広まりつつあります。

また、日本においてもカードの普及は進みつつあり、最近は大手スーパーやコンビニにおいても、利用できるチェーン店が増えています。また、ネット通販の普及により各種ネットサービスについても、クレジットカード決済をすることが多いですよね。このように、日本においても現金を使わない、お金の支払い方法が広まりつつあります。

そして、日本のクレジットカードの情況を見てみると、傾向的には大きな金額の買い物の際に使う事が多いです。例えば、家電量販店で電化製品を購入したり、高めのレストランで食事をするときです。また、デパートなどでブランド品の商品を買うときも、カードを使う人が多いですね。

このように、日本においてはクレジットカードは徐々に普及していますが、小額の買い物については使われないことが多いです。つまり、日本はまだまだ現金社会だというのが分かり、これも国民性なのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ