私が為替取引にバイナリーオプションを選んだワケ

バイナリーオプションをする目的といったら予想を当てて大きく稼ぐのはもちろん連勝の快感のためなど様々あると思うのですが、私の場合は同じ為替取引のFXが肌に合わなかったから始めたという点が一番大きかったかもしれません。

為替相場を分析するのは大好きだけれど実際のお金をリスクにさらすと落ち着いていられなくなって、損失を被るときというと大抵は撤退の判断を決めかねて先延ばしにした挙句に塩漬けのまま強制ロスカットということが多かったのが悩みの種でした。

でもその点はバイナリーオプションで気にする必要はなく一日のうちで長くても数時間内に反対売買がシステム的に自動で行われますし、基本的にはその決まった期間まで持つことになる上に購入の時点で損失が限定されているから、ルーズな性格の私の弱点を見事に補う魅力的な為替取引だと感じたのです。

もともと相場の方向を当てるのは得意で取引の決断力だけが私には足りなかったから、時間の経過とともに取引の根拠が薄れていく前に結果が出るのは私の本来用意していた手法にピッタリ合っていたみたいで、方向だけを重視する短期取引に鞍替えして本当に良かったと思っています。

一度購入したらずっと終了時間まで待つだけじゃなくて危ないと感じたら傷の浅いうちに途中撤退できるのも凄く良くて、終了前に為替が逆方向に転換してもうどう見ても無理そうなとき最大損失に達する前に引き上げられるのは、バイナリーオプションの収支を決める重要なリスク回避方法だと思います。

以前なら損切りという概念が頭になかった私でも短い間隔の取引に慣れたおかげか見切りも早くなったみたいで、為替のニュース記事で私の考えている方向とはネガティブな材料が出てきたら撤退の直後に逆方向で新規購入して利益を手にすることがしょっちゅうあるのです。

ちょっと前は一定のレンジ内で収まったら業者の総取りというシステムもあったけれど、もうそんな心配をしないで動きの緩やかな時間帯でも十分チャンスを狙えるようになったから、ますますバイナリーオプションは面白くなってきたといえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ